30代の仕事探しのポイント特集|市場価値を活かした転職活動

*

自己分析について理解する

   

自己分析って何?

 そもそも自己分析とはどのような事なのでしょうか。自己分析とは、文字通り、自分を分析したり、探ったり作業のことです。就職活動や転職活動と言った仕事探しの中では、自分がどのような仕事をしたいのか、どのような業種で、どのような企業で働きたいのかを探っていきます。これは、正確でぶれのない仕事探しを行う上で、絶対に避けてはならない道だとされています。

 自己分析は、自分一人でする場合もあれば、インターネットで診断をしたり、転職サイトのキャリアアドバイザーやコンサルタントに独自にしてもらったりすることもあります。学生なら、進路指導課の教員が担当してくれることもあるでしょう。

自己分析をする理由とは?

 仕事探しにおいて自己分析は、雇用形態の確認、そして自分が希望する業種の決定と同じくらい、とても大切で、絶対に忘れてはならないステップの1つでもあります。なぜなら、自己分析の結果により、自分がどのような業種や働き方に向いているのか、どのようなスキルや資格が必要になってくるのかという情報も、同時にはっきりとしてくるからです。

 逆に、この自己分析というステップを飛ばしてしまい、自分の働きたい業種に下準備もなしに就いてしまうと、ストレスをためやすくなります。うつ病などメンタルの病気や、その他の重大な病気にかかってしまうケースは、実は少なくないのです。ひどい場合には命にかかわってくるときもあるので、気をつけたいものです。

 自分が就きたい仕事を基準に仕事探しをするのもとても大切ですが、自分が向いている仕事を得ることも、それと同じくらい大切で、無視できないものです。そして、自分が向いている仕事を探すには、入念な自己分析が必要不可欠なのです。後悔のない社会人ライフを送るためにも、自己分析を欠かさないようにしましょう。

 - 就職・転職活動で気を付けておきたいこと

  関連記事

no image
志望業界の選び方

業界の種類と特徴  私たちが働くことのできる業界には、実にいろいろなものがありま …

no image
雇用形態について理解する

雇用形態について理解する  30代、20代などといった年代を問わず、就職活動や転 …