30代の仕事探しのポイント特集|市場価値を活かした転職活動

*

求められる人材を分析しよう

   

①業種によって求められる人材を理解する
 面接対策の1つとして、考えなければいけないのは、まず、どんな仕事をするかによって、企業から求められるものは変わります。例えば営業職に就きたい場合、コツコツ努力ができることも大切ですが、コミュニケーション能力の高さがもっとも重要です。

 逆に工場など製造業に就きたい方なら、もちろんある程度の協調性など基本的な能力は必要ですが、コツコツと作業を繰り返しの作業ができることが求められます。

 そして特に30代での仕事探しでは、中途採用という位置づけから即戦力になる能力が求められることが多いのです。仕事のスキルという点でのニーズの他にも、部下の指導をしたことがあったり、プロジェクトの中心で皆を引っ張っていく立場にあったりなど、どのような立場で働いていたかも重要視されることがあります。

 ですので、仕事内容だけでなく自分が目指す業種が何を求めているかを知ることで、面接の際にアピールするポイントが変わるというわけです。そのあたりを把握しておかないと、面接でも的外れの自己PRをしてしまう可能性があるので要注意です。

②自分が目指したい職種を考える
 企業側に上手くアピールするためには、自分がどういった職種を目指したいかを知っておく必要があります。30代ではある程度それまでの経験から自分の特技やどんなことに向いているのか、性格の面からも見えてきていることがあるでしょう。

 そこから前職と同じ職種を目指すのか、それともいっそ全く違う職種を目指すのか変わってきます。30代というのは若さもパワーもありますので、まだまだ未経験の仕事を目指せる年代でもありますから、その辺は安心してください。

 目指したい職種が変わるということは、やはりアピールしなければいけないポイントも変わります。効率的に仕事を探すためにも、ある程度職種や業界を絞って仕事探しをしていく方がいいでしょう。

 - 面接対策

  関連記事

gf1420027545l
具体的なイメージが話しに重みを持たせる!

①面接前に必ずしておきたいこと  転職経験がない、または少ない方は、この仕事探し …

a0002_011006
履歴書の内容にそって話が進む面接は5割以上!

①履歴書から作る面接  当たり前のことですが、面接で好印象を持たれないと採用され …