30代の仕事探しのポイント特集|市場価値を活かした転職活動

*

具体的なイメージが話しに重みを持たせる!

   

①面接前に必ずしておきたいこと
 転職経験がない、または少ない方は、この仕事探しで久々に面接を体験することになると思います。どこでも自分を出せる性格の方はともかく、多少は緊張するのが面接というものですよね。第1希望の企業ならなおさらです。面接はある程度定番の質問が決まっています。

 なぜ転職しようと思ったのか、なぜこの会社を選んだのか、このあたりはほとんどの企業で確認されるでしょう。
ただ問題なのは「定番以外」の質問です。中には「スキルアップは転職しなくてもできたのでは?」なんて言う、少し意地悪に思える質問をする会社もあります。

 これは相手の本音を聞きだそうとする質問ですので、そういった時に困らないよう、どのような質問にもスムーズに受け答えができるように必ずイメージトレーニングや声に出しての練習をしておく方が安心です。

 特に誰かに相手をしてもらっての練習は、自分の目線や声のトーンなど、客観的に見た印象を聞けるので面接対策には大変有効になります。今さら練習なんてと思わず、どんな質問が来ても落ち着いて答えられる準備をしておくことが大切ですし、採用への近道となります。


②数年後の自分を具体的に示す
 30代以降の転職では、「将来の自分について」を聞かれることも多々あります。5年後、10年後のあなたはどうなっていますか?などと言う質問も定番中の定番です。

 こういった質問に関しては他の企業と使いまわしは絶対にできませんし、面接を受けている企業のことをしっかりと調べておかないと上手く答えることができませんので、必ずその企業の下調べをして万全な対策をしておくべきです。ノートなど書き出し、その後まとめると効率がいいかと思います。

 そして、企業側もこの人と一緒に働いていけそうか、という点を見るので、模範解答をしていても採用されるとは限らないのです。もちろん具体的に将来を考えることは自分自身の為にもなります。

 転職先でいきいきと働いている自分が見えますか?完璧とは言えなくても充実した社会人を送れていますか?年齢的にも再度転職することも考えられますが、その後できれば長く働きたいと考えている方も少なくはないと思います。面接でも自分の未来像を伝えられるようにしておけば、自分の為にもなりますし、面接官へ良い印象を与えることもできるでしょう。

 - 面接対策

  関連記事

MS251_memotonewsp500
求められる人材を分析しよう

①業種によって求められる人材を理解する  面接対策の1つとして、考えなければいけ …

a0002_011006
履歴書の内容にそって話が進む面接は5割以上!

①履歴書から作る面接  当たり前のことですが、面接で好印象を持たれないと採用され …